ムカムカの連鎖を止める方法。

こんにちは。ついに「ちょっとこれ使ってみて下さいよって、全世界の人に言いたいです」と仰るオバサマが印象的なコマーシャルの枕、買っちまいました。こころのカウンセラー、前川うづきです。どなた様も、いかがお過ごしですか?

さてさて今日は、上記の本の冒頭を引用します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「あの人は、他人の批判ばっかりしているからダメなんだ」この発言の滑稽さ、おわかりでしょうか?「あの人」について語っているその当人がまさに「あの人」と同じ、「他人を批判する人」になってしまっているのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そうなのですよね。この本を読んで、ハッとしました。「批判」という部分を、「悪口」「文句」「愚痴」などに変えてもいいですよね。

つい先日まで私は、「文句ばっかり言っている人の文句」を、文句を殆ど言わない人に言うことがたまにあったのですが、(たまにだよ、たまに)この本を読んでから、止めました。

そうしましたら、心に変化が起きましたよ。まず生産的なことを考えるようになり、次に自分の想像力の欠如を反省するようになりました。

例えば「だったらこうしてあげたらいいんじゃないの?」って思ったあとで、「そうか、あの人のアレはそういうことだったんだな。分からなかった、反省反省」という具合いに。(具体的に出来事を書けないので、皆様に伝わりにくいかもしれませんが、とにかく良い変化があったということです)

でもね、この良い変化が起こる前はですね、心の中に鬱憤が溜まったのですよ。「文句を言っている人の文句」を言いたくなっちゃった。

その時に! ジャーーーーーン!

想像上で「その相手をロケットで飛ばすワーク」というものをやりました。かなり、本気で。効いたわよ効いたわよ、スカッとして後引かなかったわよ。後引かなかったから、すぐに平常心に戻れたわよ。

そんなわけで、職場やなんかでムカムカしている方には、上記の本と、当カウンセリングルームのロケットワークをお薦めします。というお話でした。