インナーチャイルドワーク、インナーチャイルドセラピーの違い。

↑先日、喜多方に行く途中、虹が出ていました。最近虹をよく見かけます。

こんにちは♪福島県郡山市&会津若松市&zoomで全国対応可能の、傾聴カウンセリング&ヒプノセラピー「道」の前川です。みなさん、いかがお過ごしですか?

突然ですが当ルームは、インナーチャイルドワークや、インナーチャイルドセラピーというものを行うことが多いのですが、この違いを、私はこう位置付けています。

顕在意識下で行うのがインナーチャイルドワーク、潜在意識下で行うのがインナーチャイルドセラピー。どっちが強力に効くかというと、それは断然潜在意識下において行うほうです。けれどもそれはヒプノセラピー(催眠療法)になっちゃうので、抵抗のある方には向きません。

すごいんですよ、インナーチャイルドセラピーやワークの威力は。こころの深層に溜まっている想いを引き出して、解放して(クリアリングしてあげると、人は不思議と自然と前を向いて歩き出すのですね。

中村天風もこう言っています。人の悩みは、「心の中に何かの取り越し苦労か、あるいは消極的な思考、すなわち憤怒、恐怖、悲観、憎悪、怨恨、嫉妬、復讐、憂愁、憤悶、苦労などの消極的感情によって起こる」、そしてその大部分は、「潜在意識の整理が不完全だからだ」って。(ほんとうの心の力/PHP研究所 より)

すごい! ↑この一文、すごくないですか? 中村天風のお言葉です。

インナーチャイルドセラピーやワークを施して、クライエント様のこころの良循環が起こり、「え? そんなことが?」って、こっちがびっくりするようなご報告もいただいています。いやー、書けないけどホント自慢したい。

ぜひわたしに、あなたの潜在意識をクリアリングさせてください。ひとりひとり、それぞれが望むしあわせを掴みましょう!