こんにちは。
ありのままで光り輝く人生を応援するこころのカウンセラー、前川うづきです。

こころのカウンセリングは、あなたとわたしの対話によって築かれる関係性の中で成り立つものです。なので、結構、いやかなりお恥ずかしいのですが、まず始めに、わたしの生い立ちや経歴をお話しします。(自己開示というものですネ)
どうぞ、お付き合い下さい。

前川うづき

↑2018年12月撮影

カウンセラーのプロフィール

1973年

福島県郡山市生まれ

小・中学校時代

ミッション系スクールに通学

高校時代

文系志望だったが、強制的に理系コースを選択させられる

大学時代

理系大に入学したものの、中退

20代

転職を繰り返した後、実家の診療所にて医療事務員として勤務

30代&40代

結婚したものの、約1年で離婚(主婦の引きこもりでした)
職を転々としながら、婚活
再婚した後、乳がん発症(現在は寛解しています)
精神・知的しょうがい者の就労支援に携わる
日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー養成講座修了(登録番号705001)&日本心理カウンセラー養成学院講座修了(第26期生)&各種セミナーに参加し続けている

第68回福島県文学賞奨励賞受賞

ざっと振り返るとこのような流れなのですが、もう少し、その時々のことを詳しくお話しさせて下さい。
なぜなら、カウンセリングであなたの悩みが改善に向かうかどうかは、カウンセラーの心持ちや技術はもちろんのこと、あなたとわたしの相性も大事なポイントになるからです。
なので今、あなたが「この人なら……」と、ほんのちょっとでも思って下さったのであれば、どうぞこの先もお読み下さい。

<ひとりでいるのが好きな子>

小さい頃から物静かで、友達と遊ぶよりも、ひとりで野の花を眺めながら散歩をしたり(渋いっ)、ありえないお話を妄想しているのが好きな子でした。

学校生活は、当たり前ですが良い時も悪い時もありました。ある生徒への集団無視に参加したことも、その反対にされる側になったこともあります。人から受ける暴言もつらいものですが、「無視」というのも本当につらいものですよね……。

それと小学校中学年の頃から、父親とほとんど話さなくなってしまいました。これが、なんと15年くらい続きます。
そうなった経緯は母親が関係してくるのですが、ここで振り返るととんでもなく長くなるので、省きます。とにかく我が家は、立派な機能不全家族でした。

<反発しながらも親の言うことを聞くいい子ちゃん>

私立高校時代、2年生の時から、志望大学に合わせてコースを選択させられました。
本を読むのが好きだったわたしは、文系を選びたかったのですが、無理やり理系に行かされました。

あの頃は、嫌だと言いながらも結局最後は親の言うことを聞く「いい子ちゃん」でした。広義でいうところのアダルトチルドレンですね。(父母の名誉のために言っておきますが、我が両親はアルコール依存症ではありません。私に身体的暴力を振るったことは1回だけあります)

こういう心持ちは、大人になって社会生活を送るようになってからも、かなりの影響を及ぼすことになります。でも昔のいい子ちゃんぶりが、後々の生きづらさに繋がっていくなんて、30代になるまで思いもしませんでした。

<遅れてやってきた反抗期、のようなもの>

なんとか無事に理系大に進んだわたしでしたが、結局、留年した後に退学しました。まるで遅れてやって来た反抗期のようでした。(文系に行きたかったですからね……)

それからは、ウエイトレスやツアーコンダクター、リゾート地のペンション住み込みスタッフなど、色々な仕事をしました。そして最後に実家に戻り、医療事務をやりました。

よくある話ですが、そこで父の仕事の大変さを知ることになるのです。あまりにもたくさんのエピソードがありますが、これも割愛します。そうこうしているうちに、心の重しがひとつひとつ取れていき、父ともポツリポツリと話すようになっていきました。

<大事なことでも、嫌な時に嫌だと言い切れない>

さて、ここからが本題です。(え? プロフなのに本題!?)

20代の後半に結婚しました。相手は理系の会社員でした。(よく聞かれるのですが医師ではありません)

でも約1年ほどで離婚してしまいました。実は結婚する前からすでに、わたしの気持ちは後ろ向きになっていたのですが、なんと、相手に自分の本当の気持ちを言えないまま、一緒になってしまったのです。

え? そんなことってあるの? と思う方もいらっしゃるのですが、本当です。

結婚直前はよく「どうしよう、周りがどんどん盛り上がっていく」とか、「今のこの暗い気持ちは、きっとマリッジブルーなんだ、ただそれだけだ」とか、「もう30歳だし、どっちみち結婚しなくちゃいけない!」などと思っていました。
周りばかりを気にしていたり、問題をすり替えたり、常識に縛られたり、いかにも苦しそうですよね。

この辺りから、人生を左右する大事なことであっても、嫌な時に嫌だと言い切れないという、前述のいい子ちゃんぶりがそこここで顔を覗かせ、何かにつけ苦しい思いをすることになります。

<荒療治をする>

離婚して実家に戻り、ちょっと落ち着いてきたわたしは、派遣会社に登録して働き始めました。

あの頃は前述のことを気にしていましたから、もうとにかく、周りから見て自分がどんなに変だと思われようが、どんどん外に出ていこうと決めていたのです。

実際、おかしかったと思います……。恥ずかしすぎて言えないことが山のようにあります。

派遣会社に登録して数か月勤めただけで辞め、また新たな派遣会社に登録して少し働いただけで辞め……ということを何度も繰り返しました。
離婚する前までの「感情が麻痺しかけた時代」とは正反対に、今度はとにかく傷つきやすくなったのです。

人との距離感が掴めなかったり、些細な一言に反応し過ぎて相手を恨んでみたり、独特な職場環境に我慢し過ぎて、最後は激昂したり……。今にして思うと、境界性パーソナリティーや愛着トラウマなどの要素があったのだろうと思います。

まさに、負のループにはまってしまってどうしようもない状態です。

この頃、人に言えない奇病のようなものが続きました。「人に見られている」と意識した途端に身体がブルブル震えて止まらないとか(意識しなければ平気だったのですが)、活字を追うと涙が溢れて止まらなくなり、新聞も読めないとか。

この訳の分からない現象を治すには、どうしたらいいのだろう。悩んだ挙げ句、カウンセリングにも行きましたが、先生と相性が悪かったのか、今一ピンと来なくて続きませんでした。

<等身大の自分を受け入れる>

そんな負のループにはまっていたわたしですが、なんと! 再婚するための婚活を通して心が整っていったのです。それはわたしにとって、カウンセリングの一つになっていたのですね。

当時、パートナー探しのサイト数社に登録し、活動していました。インターネットで相手を探す時って、まず始めに条件を入力するのですよね。年収とか、喫煙の有無とか、住んでいる場所とか。そんな風に希望する男性を考えているうちに、自然に自分と「向き合う」ようになっていったのです。

例えば「条件に、いつも穏やかな人がいいと書いたけれど、じゃあそんなことを書いているわたしはどうなの? たまに激高しているんじゃない? いや、それはこれまでの生き方に問題があったから云々」といった具合いに。自問自答していたのですね。

そうやってひとつひとつ、自分を素直に見つめ直していくうちに、気持ちが徐々に徐々に前向きなループに変化していったのです。

そしてめでたく再婚したのですが、後に思いました。わたしはあの婚活中、自分と向き合ったと思っていたけれど、正しくはそのまんまの自分を受け入れる作業をしていたのだなあと。まさにセルフカウンセリングしていたのです。

そうやって、全てが落ち着いた……と言いたいところですが、その後、両親が2010年に千葉に引っ越すことになったのですね。するとまた、前述のアダルトチルドレンやら愛着トラウマやら境界性パーソナリティーやらの要素がぶり返したのです。一時は父や母を大変困らせてしまいました。夫にも当たり散らしたかもしれない。よく覚えていないのですが……。

で、最終的にストーンと全てのことが落ち着いたのは、2018年の夏です。(こないだかっ⁉︎)今はなーんも苦しくありません。周りの目もほとんど気になりません。

いつも思うのです。もしもあの苦しかった時代、わたしを解ってくれそうなカウンセラーに出会っていたら、もっと早くに負のループから抜け出せていたのではないか、と。

友達でも親でもなく、こころを扱うプロに、悩むわたしを解って(共感的理解を示して)もらって、尚且つ、必要な時に適切な助言をもらっていたなら、余計にもがき苦しむことはなかったのだろうなあ、もっと早くに楽になって、望む未来をすっと手にしていたのかもしれないなあ、と。

例えば仕事や人間関係、家族間の悩みetcetc、意外と人には言えずに悶々としていることってあるものです。プライドもあるし、大人になってからの友人関係は、大体は距離を保たねばなりませんからね。

だからやっぱり、こころを扱うプロに関わってもらうのが、最高に良い方法なのではないかと思います。

<あなたらしく光り輝く人生を!>

さて、ここまで読んで下さったあなたは、どんな方で、今、どんな状況なのでしょうか。

もしかして、このままではいけないと思いながらも引きこもっている?
もしかして、あまりの傷つきやすさに転職を繰り返している?

色々な方がいらっしゃることでしょう。
わたしは思います、全ての方に、ありのままで光り輝くしあわせな人生を送ってほしいなあ、と。
安心して下さい。人は、自分を認め、受け入れ、ストーンと細胞レベルで府に落ちるまで、何回でも何回でも、許して癒していたわってあげると、自然と、こころが負のループから前向きなループに変化して、人生が好転していくものなのです。

そのためのお手伝いを、ぜひともわたしにさせて下さい! あなたの内面に寄り添い、自然と自分で前へ進めるようになるまで、しっかりとサポートさせていただきます。

内なる本当のあなたは、この世を自分らしく思いっっっっきり楽しみたいと望んでいるはずです! 人生は永遠には続きません。いつか終わりが来ます。その時後悔のないように、今、勇気ある一歩を踏み出しましょう!

長いプロフィールを読んで下さり、ありがとうございます。今度は、あなたがカウンセリングルームに見えることを(またはZoomや各種ビデオ通話アプリでお話できることを)首を長くしてお待ちしております。
着飾らず、どうぞリラックスしてお越し下さい。
あなたが望んでいるしあわせ、輝かしい未来を手に入れましょう!

カウンセリングルーム あなたの道 紹介動画

ありのまま光り輝く人生を応援するこころのカウンセラー 前川うづき