こんにちは。
ありのままで光り輝く人生を応援するこころのカウンセラー、前川うづきです。

こころのカウンセリングは、あなたとわたしの対話によって築かれる関係性の中で成り立つものです。なので、結構お恥ずかしいのですが、まず始めに、わたしの生い立ちや経歴をお話しします。
どうぞ、お付き合い下さい。

前川うづき

カウンセラーのプロフィール

1973年

福島県郡山市生まれ

小・中学校時代

ミッション系スクールに通学

高校時代

文系志望だったが、強制的に理系コースを選択させられる

大学時代

理系大に入学したものの、中退

20代

転職を繰り返した後、実家の診療所にて医療事務員として勤務

30代&40代

結婚したものの、約1年で離婚(主婦の引きこもりでした)
職を転々としながら、婚活
再婚した後、乳がん発症(現在は寛解しています)
精神・知的しょうがい者の就労支援に携わる
日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー養成講座修了(登録番号705001)&日本心理カウンセラー養成学院講座修了(第26期生)&各種セミナーに参加し続けている

第68回福島県文学賞奨励賞受賞

ざっと振り返るとこのような流れなのですが、もう少し、その時々のことを詳しくお話しさせて下さい。
なぜなら、カウンセリングであなたの悩みが改善に向かうかどうかは、カウンセラーの心持ちや技術はもちろんのこと、あなたとわたしの相性もすごく大事なポイントになるからです。
なので今、あなたが「この人なら……」と、ほんのちょっとでも思って下さったのであれば、どうぞこの先もお読み下さい。

<ひとりでいるのが好きな子>

小さい頃から物静かで、友達と遊ぶよりも、ひとりで野の花を眺めながら散歩をしたり(渋いっ)、ありえないお話を妄想しているのが好きな子でした。

学校生活は、当たり前ですが良い時も悪い時もありました。ある生徒への集団無視に参加したことも、その反対にされる側になったこともあります。人から受ける暴言もつらいものですが、「無視」というのも本当につらいものですよね……。

それと小学校中学年の頃から、父親とほとんど話さなくなってしまいました。これが、なんと15年くらい続きます。
そうなった経緯は母親が関係してくるのですが、ここで振り返るととんでもなく長くなるので、省きます。とにかく我が家は、立派な機能不全家族でした。

<反発しながらも親の言うことを聞くいい子ちゃん>

私立高校時代、2年生の時から、志望大学に合わせてコースを選択させられました。
本を読むのが好きだったわたしは、文系を選びたかったのですが、無理やり理系に行かされました。

あの頃は、嫌だと言いながらも結局最後は親の言うことを聞く「いい子ちゃん」でした。アダルトチルドレンですね。

こういう心持ちは、大人になって社会生活を送るようになってからも、かなりの影響を及ぼすことになります。でも昔のいい子ちゃんぶりが、後々の生きづらさに繋がっていったなんて、30代になるまで全く気がつきませんでしたが……。

<遅れてやってきた反抗期>

なんとか無事に理系大に進んだわたしでしたが、結局、留年した後に退学しました。まるで遅れてやって来た反抗期です。(然るべき時期に反抗期を迎えることは大事なことだと思います。そうじゃないと、後々メンタルに影響が出ますから)

それからは、ウエイトレスやツアーコンダクター、リゾート地のペンション住み込みスタッフなど、色々な仕事をしました。そして最後に実家に戻り、医療事務をやりました。

よくある話ですが、そこで父の仕事の大変さを知ることになるのです。あまりにもたくさんのエピソードがありますが、これも割愛します。そうこうしているうちに、心の重しがひとつひとつ取れて、父ともポツリポツリと話すようになっていきました。

<大事なことでも、嫌な時に嫌だと言い切れない>

さて、ここからが本題です。(え? プロフなのに本題!?)

20代の後半に結婚しました。相手は、結婚相談所で出会ったサラリーマンです。(よく聞かれるのですが医師ではありません)

でも約1年ほどで離婚してしまいました。実は結婚する前からすでに、わたしの気持ちは後ろ向きになっていたのですが、なんと、相手に自分の本当の気持ちを言えないまま、一緒になってしまったのです。

結婚直前はよく、「どうしよう、周りがどんどん盛り上がっていく」とか、「今のこの暗い気持ちは、きっとマリッジブルーなんだ、ただそれだけだ」とか、「もう30歳だし、どっちみち結婚しなくちゃいけない!」などと思っていました。
周りばかりを気にしていたり、問題をすり替えたり、常識に縛られたり、いかにも苦しそうですよね。

この辺りから、人生を左右する大事なことであっても、嫌な時に嫌だと言い切れないという、前述のいい子ちゃんぶりがそこここで顔を覗かせ、何かにつけ苦しい思いをすることになります。

<主婦の引きこもり>

その短い結婚生活中、衝撃的なことがありました。

知らない土地で、ほとんど人と話さなかったことと、長い間、自分の本当の気持ちを封印してきた結果なのでしょう。ある日、飼っていた金魚が死んだのですが、わたしはそれをそのまま生ゴミと一緒に捨ててしまったのです。

その日の夜、不思議なのですが、偶然母から電話がありました。
わたしが「あの金魚、死んじゃったよ」と淡々と報告したら、母が情感たっぷりにこう言ったのです、「あらまあ、結構長いこと飼ってた金魚ちゃんだったわよねえ。そう、死んじゃったの……ちゃんと土に還してあげた?」って。

この一言が、わたしの胸にどっかーんと稲妻を落としました。

わたし、どうしちゃったんだろう。なんだかおかしい。人としての感情がなくなっちゃったのかもしれない。本気でそう思いました。

そして、これもまた不思議なのですが、なぜかあの後パソコンを開いて「引きこもり」で検索したのです。そうしたら、なんと厚生労働省が定義している「引きこもり」に、自分がばっちりと当てはまっているではありませんか。

その言葉自体は知っていたけれど、わたしもそうだったのか! とすごく驚きました。いわゆる主婦の引きこもりだったというわけです。

これはまずい、なんとかしないとますますおかしくなってしまう、そう思いました。(ちなみにわたしは引きこもり自体に否定的な考えはありません。「このままではいけない」と思いながらも引きこもらざるを得ない心持ちで、ずっとストレスを抱え込み続けることが問題だと思います)

<荒療治をする>

離婚して実家に戻り、ちょっと落ち着いてきたわたしは、派遣会社に登録して働き始めました。それから婚活サイトにも入会し、積極的に活動しました。

あの頃は前述のことを気にしていましたから、もうとにかく、周りから見て自分がどんなに変だと思われようが、どんどん外に出ていこうと決めていたのです。

実際、おかしかったと思います……。恥ずかしすぎて言えないことが山のようにあります。

派遣会社に登録して数か月勤めただけで辞め、また新たな派遣会社に登録して少し働いただけで辞め……ということを何度も繰り返しました。
離婚する前までの「感情が麻痺しかけた時代」とは正反対に、今度はとにかく傷つきやすくなったのです。

年下の同僚のなんでもない一言がグサグサと突き刺さり、嫌な感情ばかりがどんどん膨らんでいくのに、表面上はなんでもないような顔をしていて、ある日、積もり積もった不満に耐えきれなくなり、突然退職してしまう。この繰り返しでした。

まさに、負のループにはまってしまってどうしようもない状態です。

<等身大の自分を受け入れ、許す>

そんな負のループにはまっていたわたしを変えてくれたのは、なんと! (←急に明るくなる)婚活だったのです! 本当です。(先日ある人にこの話をしたら、「あなたは見た目が悪くなかったから……」と言っていただけて、複雑な心境になりました。嬉しかったのですが、そういうことではないのです! 下記のとおり、自分で自分のカウンセリングをしていたから、変われたのです。これは断言しておきます)

当時、パートナー探しのサイト数社に登録し、活動していました。
インターネットで相手を探す時って、まず始めに条件を入力するのですよね。年収とか、喫煙の有無とか、住んでいる場所とか。そんな風に希望する男性を考えているうちに、自然に自分と「向き合う」ようになったのです。
例えば「条件に、いつも穏やかな人がいいと書いたけれど、じゃあそんなことを書いているわたしはどうなの? たまに激高しているんじゃない? いや、それはこれまでの生き方に問題があったから云々」といった具合いに。自問自答していたのです。

そうやってひとつひとつ、自分を素直に見つめ直していくうちに、気持ちが徐々に徐々に前向きなループに変化していったのです!

そしてめでたく再婚したのですが、後に思いました。わたしはあの婚活中、自分と向き合ったと思っていたけれど、正しくは自分を受け入れ、許す作業をしていたのだなあと。これぞ、まさにカウンセリング! わたしは知らず知らずのうちにセルフカウンセリングしていたのです。

すごく簡単に書き記しましたが、当時はほとんど毎日泣いていました。自分の欠点や至らないと思っている部分をまっすぐに見つめるということは、負のループにはまっている時には、とてもつらいものなのです。

たったひとりで、自分に問いかけたり答えを出したりしていたわけですからね。今思うと、もしもその時プロのカウンセリングを受けていたら、もっと早くに負のループから抜け出せていたのではないか、と思います。

友達でも親でもなく、こころを扱うプロに、悩むわたしを解って(共感的理解を示して)もらって、尚且つ、必要な時に適切な助言をもらっていたなら、余計にもがき苦しむことはなかったのだろうな、もっと早くに楽になって、望む未来をすっと手にしていたのかも……と思うのです。

それでね、重要なことを言いますが、これって婚活に限ったことではないのですよね。

例えば仕事や人間関係、家族間の悩みetcetc、意外と人には言えずに悶々としていることってあるものです。プライドもあるし、大人になってからの友人関係は、大体は距離を保たねばなりませんからね。

だからやっぱり、こころを扱うプロに関わってもらうのが、最高に良い方法なのではないかと思います。

<カウンセリングを学ぶ>

無事に再婚したわたしは(聞かれる前に言いますが、今度の相手は電気工事屋です)、心理カウンセラー養成スクールに通ったり個人カウンセリングを受けました。
色々なことを学び、忘れ、また学び直しましたが、一番大きい学びは「一生学び続けること」ですね。^^;
こんな経緯で、今度は人様をしあわせに導いて差し上げたいなあ、と思って今に至ります。

<あなたらしく光り輝く人生を!>

さて、ここまで読んで下さったあなたは、どんな方で、今、どんな状況なのでしょうか。

もしかして、言いたいことが言えない自分が嫌で、悩んでいる?
もしかして、このままではいけないと思いながらも引きこもっている?
もしかして、あまりの傷つきやすさに転職を繰り返している?
もしかして、婚活がなかなかうまくいかなくて、心がぽっきり折れてしまいそう?

色々な方がいらっしゃることでしょう。
わたしは思います、全ての方に、ありのままで光り輝くしあわせな人生を送ってほしいなあ、と。
安心して下さい。人は、自分を認め、受け入れ、ストーンと細胞レベルで府に落ちるまで、何回でも何回でも、許して癒していたわってあげると、自然と、こころが負のループから前向きなループに変化して、人生が好転していくものなのです。

そのためのお手伝いを、ぜひともわたしにさせて下さい! あなたの内面に寄り添い、自然と自分で前へ進めるようになるまで、しっかりとサポートさせていただきます。

自分と向き合うことや認めることは、時につらいものです。ですが、変わりたいと思った今、この時に勇気を持って心の重荷に取り組むことで、将来、似たような問題で苦しむことが一切なくなります。

内なる本当のあなたは、この世を自分らしく思いっっっっきり楽しみたいと望んでいるはずです! 人生は永遠には続きません。いつか終わりが来ます。その時後悔のないように、今、勇気ある一歩を踏み出しましょう!

長いプロフィールを読んで下さり、ありがとうございます。今度は、あなたがカウンセリングルームに見えることを(またはZoomや各種ビデオ通話でお話できることを)首を長くしてお待ちしております。
どこまでもあなたのまんま、着飾らずに、どうぞリラックスしてお越し下さい。
あなたが望んでいるしあわせ、輝かしい未来を手に入れましょう!

ありのまま光り輝く人生を応援するこころのカウンセラー 前川うづき