「お前の育て方が悪い!」と言われたあなたへ

こんにちは♪あなたが無意識の領域に閉じ込めている怒りや悲しみ、孤独感や罪悪感を潜在意識レベルで解消し、自然と自己肯定感UP! を育む傾聴カウンセリング&ヒプノセラピー「道」前川うづきです。みなさん、いかがお過ごしですか?

さて本日は、ご主人から、子供のことで「お前の育て方が悪い!」と言われて悩んでいるお母さんへお伝えします。

ご主人にそう言われたら、ちょっとチェックしてみて下さい。「わたしは、子供のネガティブ情報を夫に言い過ぎていなかったか」と。

そのメカニズムはこうです。

例えば母親が子供に、父親のことを肯定的に話していると、子供は父親を尊敬します。反対に、父親のことを否定的に話していると、子供は父親を嫌ってしまいます。

よって父親の仕事は絶対にやりたくないと思ったり、大人になってから男性不信に陥ったりします。

母親が父親に、子供のことを否定的に話していると、父親は子供を否定的に見るようになり、可愛がらなくなります。

もともとお父さんと子供が時間を共有することって、母親より少ないですから、お母さんの言うことがダイレクトに響くのですね。なので、「お前の育て方が悪い!」というセリフが出てくるわけです。

こうやって、見事な悪循環が出来上がっていきます。そしてそれは、子供が大人になった時の人間関係にも多大な影響を及ぼします。

子育てって大変ですね。

ちなみに愛着の問題を抱えているお母さん(アダルトチルドレンと言ってもいいし、インナーチャイルドを抱えている人と言ってもいいですね)は、子供が反抗期になって「くそババア」なんて言い始めた時に、まず耐えられません。

なぜかというと、自分のこころの中で、「未解決の感情」さんが大暴れするからですね。

なので、お子さんが小さいうちにカウンセリングを受けて、未解決の感情さんの癒しを行なっておくといいですね。